Studio BIANCA Staff Manual

背景紙について

1.背景紙の納品と処分

  • 背景紙が納品される際は、あらかじめ連絡します
  • 銀一(ぎんいち)という業者が持ってきます
  • バックヤードにある廃棄分を持ってってもらうので、1F外のポスト横まで持ってってください
  • 納品された背景紙は、他の背景紙同様ダンボールに窓を開けて、中身が見えるようにしてください

2.背景紙の管理について

  • 背景紙は手前と奥で同じ色が並んでいます
  • 色の並びは変えないでください
  • 必ず手前の使いかけから使ってください
  • 手前の背景紙が足りない場合は、奥の新しい背景紙を出します
  • この際、手前にあった背景紙はバックヤードに処分して、必ず処分した旨を報告してください
  • 手前分が残ってるにも関わらず、奥から新品を出すのは厳禁です

3.背景紙のセッティング

どのあたりまで背景紙を出すか、お客さまに確認します。
位置が決まったら、その場所にウェイトを置いておきます。

電動バトンを下ろします。

背景紙を入れてある箱は、ひとつ抜き出すと全体が不安定になります。
必ずそばにある空き箱をかませるようにしてください。

電動バトンから巻き取り軸を取り出し、背景紙にセットします。

固くて入らない場合は、背景紙を壁に押しつけながら入れてください。

それでも入らない場合は方向を変えて、巻き取り軸を上手側のコンクリ壁に叩きつけながら押し込みます。
背景紙側や下手側の壁は石膏ボードなので、巻き取り軸を直接押しつけないでください。
※下手(しもて)=背景を正面に見て左側
※上手(かみて)=背景を正面に見て右側

この時、背景紙は最後まで入れず、ある程度余裕を残しておいてください。
電動バトンが巻き込んでしまい、故障の原因になります。

巻き取り軸を電動バトンにセットします。

スプリングクランプを背景紙の中央にかませて、重しにします。

電動バトンを上昇させます。
電動バトンは規定の位置で自動的に止まります。
巻き取り軸を回転させ、背景紙を下ろします。
巻き取り軸は自動的に止まりません

背景紙が下がってきたらスプリングクランプを外し、先ほどウェイトを置いた位置までゆっくり導いていきます。
無理に引っ張って背景紙にシワができないように注意してください。

ウェイトを置いて、様子を見ながら巻き取り軸のスイッチを切ります。

背景紙が左右対称になってることを確認し、パーマセルで背景紙を留めます。
①中央
②左右
③①と②の間

ウェイトを外します。

注意
背景紙が残り少ないと、巻き取り軸を回転させてる間に終わりが来てしまうことがあります。
背景紙は芯にセロテープで留まってるだけなので、最後まで出し切ってしまわないように注意してください。
必ず芯に一巻きしてる状態でストップしてください。

4.垂らしの場合

背景紙を床まで敷かず、壁面に背景として使うことを「垂らし」と言います。
垂らしの場合は、背景紙を逆にセッティングします。

スプリングクランプを2つ、背景紙の両端にかませます。
背景紙を下げ、スプリングクランプが床に接地しないように背景紙を垂らしてください。

5.背景紙の撤収

巻き取り軸を回転させ、背景紙を巻き取ります。
しっかり巻き取って、パーマセルで留めます。

巻き取り軸を上手側のコンクリ壁に叩きつけて、背景紙を外します。

固い場合は写真のようにして、引き抜いてください。

背景紙を元の位置に戻します。
奥から新しい背景紙を出した場合は、空き箱を奥に入れておいてください。
新しい背景紙を出した場合は、必ず報告してください。

6.背景紙の計算

上から3m,4m,5mです。
だいたいの目安にしてください。
ほとんどの方は、だいたい4〜5mだと思います。

「垂らし」で使う際は、2mで計算します

7.背景紙の切り方

終了時、汚れがヒドイ場合は、その部分を切り取ってください

汚れた部分を内側にして、どのあたりで切るか見当をつけます。
背景紙の両端を揃えて、切断部分がまっすぐ水平になるよう整えてください。

切りやすくするために、しっかりと折り目をつけておきます。

背景紙が浮き上がらないよう片手で押さえつけながら、カッターを滑らせていきます。

切り取った背景紙は、バックヤードに置いておきます。
長い場合は、丸めてパーマセルで止めておいてください。
短い場合は、畳んでください。

8.背景布の場合

ふたつのポールをつなぎます。
ポールはスタンドと同じ場所に入ってます。

養生テープで継ぎ目を固定します。

背景布にポールを通します。

ポールの穴にカラビナを通します。

背景布がシワにならないように、スプリングクランプで両端を固定します。

形を整えて完成です。